徹底解説!育毛剤と発毛剤の違い

投稿日:

『育毛剤』と『発毛剤』の違いってお分かりですか?
薄毛や抜け毛、若ハゲ対策などの商品をお探しの方ならきっと気になっているはずです。

『育毛と発毛』どちらも同じような意味合いなのに、どうして使い分けられているのでしょう?
その明確な理由がわかれば、ご自身の症状にあった正しい商品選びができるようになります。

このページでは、育毛剤と発毛剤の違いについて詳しく解説していきますので、ぜひ今後の商品選びの参考にしてみて下さい。

\ 人気No1.おすすめ育毛剤 /

人気No1 チャップアップ 育毛剤

 

ココが違う!育毛剤と発毛剤の大きな違い

あまり知られていませんが、育毛剤と発毛剤にはハッキリとした大きな違いがあります。
それは、『医薬品』か『医薬部外品』かという点です。

次の表のように、発毛剤は医薬品で育毛剤は医薬部外品となっています。

  育毛剤 発毛剤
分類 医薬部外品 医薬品
用途 抜け毛の予防 薄毛の治療
対象 健常な方 壮年性脱毛症の方

これらは、いずれも薬事法で定められている分類で、実際には大きく分けて医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに別れます。
効果や有効性の高さが求められるため、化粧品はほとんどなく、大抵の物が医薬品か医薬部外品となっています。
育毛剤と発毛剤の違いを説明する前に、まずは医薬品と医薬部外品の違いについて解説しておきましょう。

医薬品・医薬部外品の違い

医薬品』は簡単に言うと”クスリ”のことですね。
疾病の治療や予防への使用を目的とした物で、一般医薬品ではリスクの大きさによって第一種医薬品から第三種医薬品までに別れています。
薬局や薬店またはドラッグストアなどで薬剤師等からの助言を得て自らの判断で購入し、自らの責任で使用します。

医薬部外品』は、”クスリ”ではなく、クスリに類似するものです。
人体に対する作用の緩やかなもので、分類は医薬品と化粧品の中間的な位置になります。
購入は、薬局や薬店またはドラッグストア以外でも買うことができます。

ちなみに『化粧品』は、皮膚や毛髪を健やかに保つための使用を目的とした物で、人体に対する作用が緩和なものとされています。
購入は、薬局や薬店またはドラッグストア以外でも買うことができます。

有効性と安全性の違い

医薬品、医薬部外品、化粧品では、それぞれ人に及ぼす作用の強さに違いがあります。

有効性の高さ

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

安全性の高さ

化粧品 > 医薬部外品 > 医薬品

以上のことから育毛剤と発毛剤の関係を表すと、有用性の高さは『発毛剤』>『育毛剤』となり、安全性の高さは『育毛剤』>『発毛剤』となります。

ポイント

◆有用性の高さ

発毛剤(医薬品)育毛剤(医薬部外品)

◆安全性の高さ

育毛剤(医薬部外品)発毛剤(医薬品)

育毛剤と発毛剤の効果の違いは?

育毛剤と発毛剤の違いで、もっとも気になるのが効果ではないでしょうか。
その効果については両者で大きな違いがあります。
それぞれの効果の違いについて、さらに詳しく見ていきましょう。

育毛剤(医薬部外品)の効果

育毛剤』は有効成分のはたらきで、頭皮の血行を促進しながら頭皮に栄養を与えます。
それにより頭皮環境を健康的に保ち、抜けにくいハリのある毛髪に育てる効果が期待できます。
また、頭皮環境が整うことにより、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立ちます。

作用

・頭皮の血行を促進し、頭皮に栄養を与える

効果

・頭皮環境を健康的に保つ
・ハリやコシがあり、抜けにくい毛髪へと導く
・ふけやかゆみなど、頭皮トラブルの予防

育毛剤の効果・効能

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

発毛剤(医薬品)の効果

発毛剤』は、発毛成分『ミノキシジル』の作用により、新たな毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。
有効成分が成長期の毛乳頭細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常化。それにより、新たな毛髪を発毛させ、さらに強くたくましい毛髪へと成長させます。
現在の毛髪を強くしながら、新しく生やし、さらに育てて定着させるのが発毛剤の効果です。

作用

・成長期の毛乳頭細胞を活性化
・ヘアサイクルの乱れを正常化

効果

発毛成分ミノキシジルのはたらきで、
・新たな毛髪の発毛させ、育て定着させる
・毛髪を強くたくましく成長させる

発毛剤の効果・効能

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防


 

以上のように、医薬部外品の『育毛剤』は頭皮に栄養を与えることにより、今ある髪を強くたくましくして抜け毛を防ぐことを目的としています。
そして、医薬品の『発毛剤』は髪を強くたくましくすると同時に、新たに毛を生やし定着させることを目的としています。
育毛剤と発毛剤のどちらかを選ぶ場合には、双方の違いを頭に入れておきながら、適切な育毛剤・発毛剤を選ぶようにしましょう。

育毛剤と発毛剤、どっちを選べばいい?

先述したとおり、育毛剤と発毛剤では効果や使用目的がそれぞれ異ります。
そのため、薄毛・抜け毛の症状、頭皮や毛髪の状態によって両者を使い分けることが大切です。

育毛剤がおすすめな方

  • 髪の毛が細く抜けやすく、ボリュームやハリコシが気になっている方
今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を改善させて、抜け毛を防ぐ効果も期待できます。

発毛剤がおすすめな方

  • 頭皮の脱毛が目立っている方
  • 髪を増やしたい方
対象は壮年性脱毛症の方に限られますが薄毛や抜け毛を効果的に改善させることができます。

このように育毛剤と発毛剤は、似ているようでまったく効果や目的が違っています。
自分自身の頭皮や薄毛の状態をしっかりと理解した上で、育毛剤にするのか発毛剤にするのかを決めるようにしましょう。
そして、どちらにも共通して言えるのが、早い段階で使い始めることの重要さです。
薄毛や抜け毛の悩みが進行する前に、少しでも早く使い始めるようにおすすめします。

 

育毛剤・発毛剤のラインナップ

発毛剤は医薬品のため販売されてる種類は少なく一部の商品に限られます。
一方、育毛剤は医薬部外品のため多くのメーカーが販売しているため商品数も豊富です。
それぞれの商品の一覧を紹介しますので、まずはどのような商品があるのかご確認下さい。

育毛剤・発毛剤ラインナップ

【育毛剤】

  • チャップアップ
  • プランテルEX
  • モンゴ流Deeper3D
  • THE SCALP 5.0C
  • フィンジア
  • イクオス
  • MSTTI
  • ケフトルローションEX
  • MONOVO
  • Growth Project. BOSTON
  • ナノインパクト100
  • プレミアプグローパワー
  • Re-more
  • スカルプインパクト

【発毛剤】

  • スカルプDメディカルミノキ5
    (アンファー)
  • リアップ シリーズ
    (大正製薬)
  • リグロ シリーズ
    (ロート製薬)
  • カロヤン シリーズ
    (第一三共ヘルスケア)
  • ハツモール
    (田村治照堂)
  • ミクロゲン
    ( 啓芳堂製薬)

育毛剤おすすめ商品BEST3

おすすめランキングTOP3/育毛剤(男性)

チャップアップ

チャップアップ 育毛剤

【都度購入】7,400円(税込)送料660円

【定期購入】7,400円(税込)送料無料
定期特典:ヘッドスパブラシ進呈
永久返金保証書付き

チャップアップは完全無添加にこだわった育毛剤。新聞調査でもNo1に輝いた大人気の育毛剤です。3種の有効成分と育毛に特化した天然成分55種を配合。さらに、15種のアミノ酸をプラスした100%無添加・無香料の育毛ローションです。

【有効成分】・センブリエキス・グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミンHCI

THE SCALP 5.0C

THE SCALP 5.0C

【都度購入】
通常価格:15,000円(税込)送料540円
【定期購入】送料無料
初回価格:4,980円、2回目以降10,000円
※60日間全額返金保証付き

第3世代THE SCALP 5.0C誕生! 新たに「3つの有効成分」を配合しリニューアル。浸透力と循環力にこだわった新発想の育毛剤が、従来の「キャピキシル」と「発酵熟成プラセンタ」に加え、「ヒト幹細胞」「ピディオキシジル」「リデンシル」が追加されさらにパワーアップ。ナノ化させた成分で角質層までしっかり浸透します。

【有効成分】・キャピキシル・リデンシル・ピディオキシジル

モンゴ流・Deeper3D

Deepre3D

【都度購入】送料無料
通常価格:14,850円 14,100円(税込)
【定期購入】最大30%OFF 送料無料
1回目:14,100円 2回目:13,360円
※Deeper3Dとバリアスルーのミニボトル付き

厳選されたスカルプケア成分を高濃度配合。キャピキシルとリデンシルを配合し、さらに8種の成長因子とモンゴロイド3大伝承成分を配合。モンゴ流シリーズの最高傑作!お試し用のミニボトル付きで14日間の全額返金保証もあります。
【有効成分】・キャピキシル・リデンシル

男性用育毛剤の商品一覧は、こちらのカテゴリーページからご確認ください。

 

薬用育毛剤とは?

育毛剤の商品をチェックしていると『薬用育毛剤』という言葉をよく見かけると思います。
この「薬用育毛剤」とは一体何を意味するものなのでしょうか。

「薬用育毛剤」とは、医薬部外品である育毛剤のことです。
なぜ、わざわざ「薬用」と付け加えるのかと言うと、中には医薬部外品に満たない『化粧品』レベルのものがあるためです。
この化粧品レベルのものとハッキリ区別するために、医薬部外品と認定されたものを「薬用育毛剤」と呼ぶようにしているのです。

当然、表示についても化粧品レベルのものは「薬用育毛剤」と表示することはできませんので、『養毛剤』と同様の表示しかできないことになります。

ポイント

薬用育毛剤 = 医薬部外品に認定された育毛剤

化粧品レベルのもの = 養毛剤

育毛剤を選ぶ際には、『薬用育毛剤』の表記があるかどうかをよく確認するようにしましょう。

出展:MONOVO

 

有効成分から判断する育毛剤の選び方

育毛剤や発毛剤には数多くの商品がありますが、使われている有効成分も多種多様です。
頭皮環境を改善させるもの、毛髪の成長を促すもの、フケやかゆみを抑えるものなど、どれも育毛や発毛に欠かせないものばかりです。

ここでは、育毛商品を選ぶ時に気になる有効成分の名前や働きについて詳しく紹介していきたいと思います。

有効成分と期待させる効用

ミノキシジル

壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。
正常なヘアサイクルに戻す作用があります。
毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛させることは分かっています。
ヘアサイクルの変化により小さくなった毛包に働きかけ、大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。
医薬品の発毛剤として販売されています。

リデンシル

スイスにある「induchem(インジュケム)社」という原料メーカーが開発した先進的なスカルプ成分です。
バルジ領域に働きかけ、髪の毛の成長を強力に促進。
毛母細胞自体を増やし高い育毛効果が期待できる。

キャピキシル

乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

ピディオキシジル

頭皮のコンディションに必要な成分を届けることにより、健康的な状態に導き、確かな手ごたえに繋げる成分

センブリエキス

血行を促進して頭皮に栄養を行き渡らせる

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草の根に含まれる成分で抗炎症作用がある
頭皮環境を整え、健康な毛髪へ導く効果が期待されている
頭皮の乾燥などによる炎症を抑え、フケやかゆみ、ニキビなどを防ぐ目的で使用される

ジフェンヒドラミン塩酸塩

頭皮環境を整え、皮膚の腫れやかゆみを抑える

カプサイシン

発汗作用のある唐辛子の成分、毛穴を開き浸透力をUP

酢酸トコフェロール

天然のビタミンE。脂質の抗酸化作用があります。

このように、育毛剤にはいろいろな種類の有効成分が使われています。
中でもセンブリエキスは、頭皮環境の改善に欠かせない成分で、頭皮に栄養を行き渡らせるために結構を促進させます。そのため非常に多くの商品に使用されているのが分かります。

また、グリチルリチン酸2K(ジカリウム)もフケやかゆみ対策として多くの商品に使用されています。
どの育毛剤にどのような成分が含まれているのかもよくチェックしてみましょう。

商品名 主成分・その他成分
チャップアップ
センブリエキス、グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミン塩酸塩
天然成分55種類、アミノ酸15種類
プランテルEX
リデンシル、グリチルリチン酸2K、ペブプロミンα
天然成分23種、アミノ酸16種

モンゴ流Deeper3D
キャピキシル、リデンシル、カプサイシン
8種の成長因子、FGF-7

THE SCALP 5.0C
キャピキシル、リデンシル、ピディオキシジル
ヒト幹細胞、プラセンタ
フィンジア
キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン
天然成分10種
イクオス
Algas-2、海藻エキス3種
天然成分39種、アミノ酸16種
MSTTI
センブリエキス、グリチルリチン酸2K、セファランチン
天然成分17種
ケフトルローションEX
センブリエキス、エチニルエストラジオール、酢酸トコフェロール
生薬由来成分10種、アミノ酸13種
MONOVO
センブリエキス、グリチルリチン酸2K
植物エキス31種、アミノ酸洗浄成分
Growth Project. BOSTON
キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン
オレアノール酸、成長因子、天然成分
ナノインパクト100
センブリエキス、酢酸トコフェロール
全成分45種
プレミアプグローパワー
センブリエキス、フコダイン、グリチルリチン酸ジカリウム
栄養補給成分5種、厳選成分14種
Re-more
センブリエキス、グリチルリチン酸2K、オタネニンジン根エキス
スカルプインパクト
グリチルリチン酸2カリウム、タマサキツヅラフジアルカロイド
海藻成分、厳選サポート成分

上の一覧表で見ると、やはりセンブリエキスやグリチルリチン酸2Kを使用している育毛剤が多いことが分かります。
育毛対策は、基本的には頭皮の血行を促進したりフケ・かゆみを抑えることが優先されるようですね。

\ 人気No1.おすすめ育毛剤 /

人気No1 チャップアップ 育毛剤

 

抜け毛や薄毛の対策に必要なこと

  • 頭皮の血行を良くして、栄養を毛根や毛包などにしっかり届ける
  • 頭皮を柔らかくして血流を促進させる
  • 頭皮を乾燥から守り皮膚の炎症を抑える
  • 皮脂や垢による頭皮の汚れや毛穴の詰まりをなくして、頭皮を清潔に保つ
  • 抜け毛の原因「5αリダクターゼ」や「TGF-β」をブロックする

上記のように抜け毛や薄毛対策には、あらゆる方向からのアプローチが必要です。
そのため育毛剤は、血行促進・頭皮の洗浄・頭皮環境の改善・浸透力アップ・脱毛因子のブロックなどを強力にサポートするさまざまな有効成分を配合させています。

 

ヘアサイクルの乱れを引き起こす原因とは?

抜け毛の原因、脱毛酵素5αリダクターゼとDHTという物質

脱毛酵素5αリダクターゼは男性ホモンと結合することでDHTという脱毛を促す物質に変化します。そして、この働きが活発になることでヘアサイクルの乱れが引き起こされます。ヘアサイクルが通常よりも短くなってしまうと髪の毛が抜けやすくなり、その結果として薄毛になってしまうのです。

脱毛は一般的にはDHTによって引き起こされると言われていますが、DHTはあくまでも脱毛を引き起こす原因となるホルモンです。実際にはこのDHTがアンドロゲンレセプターという融合体と結合し、脱毛因子であるTGFーβが脱毛司令塔であるFGF-5を出すことなどが原因で脱毛は起こります。
脱毛を引き起こさないためには、TGF-βやFGF-5など脱毛因子をブロックし、脱毛指令が出されるのを抑えることが重要となってきます。

出展:IQOS イクオス

 

では、この脱毛因子をブロックするために有効とされる成分とは何でしょう?
それが、こちらの成分です。

脱毛因子のブロックに有効とされる成分

クワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキス

これらは天然植物由来の成分ですが、いろいろな育毛剤に配合されていますので、詳しくは気になる商品の公式サイトやオンラインショップなどでチェックしてみましょう。

\ 人気No1.おすすめ育毛剤 /

人気No1 チャップアップ 育毛剤

 

育毛剤と発毛剤、薬機法による広告表現の違い

TVCMや雑誌、Web上の様々なメディアで育毛剤や発毛剤の宣伝広告を目にします。
一見、同じような広告内容に思えますが、実は両者には薬機法による宣伝表現の違いが存在しているのです。

薬機法(旧薬事法)で可能な広告表現の効能効果

では、発毛剤・育毛剤・養毛剤それぞれの効能効果について、薬機法上どのような広告表現が可能なのか確認していきましょう。
薬機法(旧薬事法)では、医薬品・医薬部外品・化粧品における効果効能についての表現を規制しています。


まず、基本的に「生える」「効く」「治る」といった明確な表現は医薬品にしか使用できません。
医薬部外品である育毛剤はこのような表現が使用でないので、「効果が期待できる」「育てる」「働きをサポートする」といった医薬品よりもやわらかい言葉が使用されています。
詳しくは厚生労働省の「医薬品等適正広告基準」をご参照下さい。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou.../0000179263.pdf

発毛剤の広告表現

発毛剤は医薬品として発毛効果が認定されているものです。
よって、広告表現としては「発毛」「毛を生やす」とはっきり記載することが認められます。

発毛剤(医薬品)

発毛、毛を生やす、薄毛の治療

育毛剤の広告表現

次に育毛剤は、「発毛効果」は認められません。
よって、「発毛」や「毛を生やす」といった表現はNGです。
広告表現としては、育毛、薄毛予防、脱毛予防、発毛促進、毛生促進、養毛などが認められます。

育毛剤(医薬部外品)

発毛、毛を生やす、薄毛の治療

育毛、薄毛予防、脱毛予防
発毛促進、毛生促進、養毛

このように、発毛剤や育毛剤は薬機法によって認められた表現しか広告で使用できません。
抜け毛や薄毛対策のヘアケア商品を選ぶ際には、このような部分も注意して見るのも良いかもしれませんね。

 

まとめ、育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤や育毛剤は似ているようでも大きな違いがあります。

発毛剤は、医薬品で発毛効果の認められた成分を使用しているので、「毛を生やす」と表記されます。
また、医薬品なので買う場合にも薬局やドラッグストアで購入することになります。
向いている方は、脱毛が進んでいて髪の毛のボリュームを増やしたい方です。

一方、育毛剤は医薬部外品であり、新たに毛が生えるわけではありません。
今ある毛を健康的に育てるため「毛を育てる」と表記されます。
ただし、医薬品ではないので公式オンラインショップなどネット通販で手軽に買うことができます。
向いている方は、髪の毛が細く抜けやすく、ボリュームやハリやコシがほしい方です。

このような事柄を含め、ご自身の症状などを考えて発毛剤や育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

\ 人気No1.おすすめ育毛剤 /

人気No1 チャップアップ 育毛剤

 

Copyright© ヘアケアWeb/育毛・スカルプ商品ならお任せ!ヘアケアのポータルサイト , 2019 All Rights Reserved.